Loading...
  • スタントパフォーマーという存在
    CG技術の発達と共に迫力ある映像に満ちた映画が日々作られている。私たち観客は当たり前にその映像を観ているが、そのアクションシーンがCGなのか、それとも実際に誰かが演じているのかといった点に意識が向くことはない。事実、CGでは表現出来ない動きや迫力あるアクションシーンをより緻密に表現するためにハリウッド映画では今でもスタントパフォーマーたちが活躍している。昨今、このスタントパフォーマーの存在はこれまで以上に映画産業の中で重要視されてきている。2005年には、アカデミー賞にスタント部門を新設する嘆願書が提出されスピルバーグ監督をはじめとする多くの映画人が賛同、イギリスを代表する女優ヘレン・ミレンや『ジョン・ウィック』シリーズのチャド・スタエルスキなどがスタントパフォーマーもアカデミー賞の対象にすべきであると提唱するなど、その地位を向上させる機運は2,000年代に入り急速に高まっている。
  • 名アクションシーンの知られざる裏側に迫る
    ことアクション映画においては、その映画を代表する記憶に残るシーンが存在する。走る貨物トラックの下を車が走行するシーン(『ワイルド・スピード』)や、後ろに人を乗せたまま高速道路をバイクで疾走するシーン(『マトリックス リローデッド』、走る車からヘリに掛かる縄梯子に乗り移る息を呑むシーン(『トゥルーライズ』)など超人的とも言える数々のシーンはCGではなくすべて女性スタントウーマンたちによって成り立っている。彼女たちスタントウーマンの鍛え抜かれた体と弛まぬ努力の結晶によって生み出されたこれらのシーンは、彼女たちの存在なくして生まれる事はなく、映画の成功の鍵を握るといっても過言ではない。
  • 積み上げてきた地位と彼女たちのプロフェッショナリズム
    2000年代に入り、世界的飲料メーカーのレッドブルよるスタントパフォーマーたちを称えるためのTaurus World Stunt Awardsの設立や、アカデミー賞におけるスタント部門の設立などが声高に叫ばれてきているが、スタントウーマンたちは、男性中心のスタントパフォーマーたちの世界で彼女たちの地位や権利を守るために戦ってきた歴史がある。
    1960年代には映画産業で活躍するスタントウーマンたちがいた。しかし、彼女たちは、当時設立されたSTUNTMEN’S ASSOCIATIONに所属させてもらえなかった。そこで彼女たちは、自らの手で“STUNTWOMAN ASSOCIATION OF MOTION PICTURES”を設立し、その地位向上のために尽力した。スタントパフォーマーたちの世界には”Wigging”という言葉がある。これは女性役のスタントをスタントウーマンではなくカツラ(ウィッグ)をつけたスタントマンが務める事を指す。彼女たちは、古くから現場でそういった場面に直面してきた歴史がある。ベテランスタントウーマンとして活躍するデヴン・マクネアは、“Wigging”は雇用機会を奪うものであると声をあげた。彼女の発言は多くのメディアで取り上げられ、“スタントウーマン”という仕事に耳目を集める事となった。こうした先人たちの闘争の積み重ねが、映画産業における“スタントウーマン”という地位を作り上げてきた。
スタントパフォーマーいう存在
CG技術の発達と共に迫力ある映像に満ちた映画が日々作られている。私たち観客は当たり前にその映像を観ているが、そのアクションシーンがCGなのか、それとも実際に誰かが演じているのかといった点に意識が向くことはない。事実、CGでは表現出来ない動きや迫力あるアクションシーンをより緻密に表現するためにハリウッド映画では今でもスタントパフォーマーたちが活躍している。昨今、このスタントパフォーマーの存在はこれまで以上に映画産業の中で重要視されてきている。2005年には、アカデミー賞にスタント部門を新設する嘆願書が提出されスピルバーグ監督をはじめとする多くの映画人が賛同、イギリスを代表する女優ヘレン・ミレンや『ジョン・ウィック』シリーズのチャド・スタエルスキなどがスタントパフォーマーもアカデミー賞の対象にすべきであると提唱するなど、その地位を向上させる機運は2,000年代に入り急速に高まっている。
名アクションシーンの知られざる裏側に迫る
ことアクション映画においては、その映画を代表する記憶に残るシーンが存在する。走る貨物トラックの下を車が走行するシーン(『ワイルド・スピード』)や、後ろに人を乗せたまま高速道路をバイクで疾走するシーン(『マトリックス リローデッド』、走る車からヘリに掛かる縄梯子に乗り移る息を呑むシーン(『トゥルーライズ』)など超人的とも言える数々のシーンはCGではなくすべて女性スタントウーマンたちによって成り立っている。彼女たちスタントウーマンの鍛え抜かれた体と弛まぬ努力の結晶によって生み出されたこれらのシーンは、彼女たちの存在なくして生まれる事はなく、映画の成功の鍵を握るといっても過言ではない。
積み上げてきた地位と彼女たちのプロフェッショナリズム
2000年代に入り、世界的飲料メーカーのレッドブルよるスタントパフォーマーたちを称えるためのTaurus World Stunt Awardsの設立や、アカデミー賞におけるスタント部門の設立などが声高に叫ばれてきているが、スタントウーマンたちは、男性中心のスタントパフォーマーたちの世界で彼女たちの地位や権利を守るために戦ってきた歴史がある。
1960年代には映画産業で活躍するスタントウーマンたちがいた。しかし、彼女たちは、当時設立されたSTUNTMEN’S ASSOCIATIONに所属させてもらえなかった。そこで彼女たちは、自らの手で“STUNTWOMAN ASSOCIATION OF MOTION PICTURES”を設立し、その地位向上のために尽力した。スタントパフォーマーたちの世界には”Wigging”という言葉がある。これは女性役のスタントをスタントウーマンではなくカツラ(ウィッグ)をつけたスタントマンが務める事を指す。彼女たちは、古くから現場でそういった場面に直面してきた歴史がある。ベテランスタントウーマンとして活躍するデヴン・マクネアは、“Wigging”は雇用機会を奪うものであると声をあげた。彼女の発言は多くのメディアで取り上げられ、“スタントウーマン”という仕事に耳目を集める事となった。こうした先人たちの闘争の積み重ねが、映画産業における“スタントウーマン”という地位を作り上げてきた。
エイミー・ジョンソン
AMY JOHNSTON
キックボクシングのチャンピオンであった父親の元で6歳から格闘技を学び、大会での優勝経験も持つスタントウーマン。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)ではスカーレット・ヨハンソンのダブルとして出演。
アリマ・ドーシー
ALYMA DORSEY
バレーボール選手としてカリフォルニア州代表チームに選出されるなど抜群の運動神経を誇り、ニューヨークに移住してからはパーソナルトレーナーとして活躍。ロサンゼルスでモデルとして活動する中、2012年にクエンティン・タランティーノ監督から『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)のスタントに誘われたことからスタントウーマンとしてのキャリアがスタート。
シャーリーン・ロイヤー
SHARLENE ROYER
幼少期からバレエやジャズ、タップなど幅広いダンスを経験。俳優として活動する中で当時スタントマンとして活躍していたアラン・オリニーに見出され、スタントウーマンとしてキャリアをスタート。すぐに才能を開花しハル・ベリー、ヴァネッサ・ウィリアムズなどのスタントとして最前線で活躍。
ジーニー・エッパー
JEANNIE EPPER
70年代から活躍するスタントウーマン。TVシリーズの「空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン」(1975〜1979)にてリンダ・カーターのスタントや、「チャーリーズ・エンジェル」(1976〜1981)のケイト・ジャクソンのスタントを務めた。
ジュール・アン・ジョンソン
JULIE ANN JOHNSON
1960年代からスタントウーマンとして活躍。『ダーティハリー』(1971)や「空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン」(1975〜1979)などの作品から、『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』(2007)や『スパイダーマン2』(2004)といった2000年代初頭の作品まで長年にわたって精力的に活動。
ジェイディ・デイビッド
JADIE DAVID
21歳でスタントウーマンとしてのキャリアをスタートし、以降『フォクシー・ブラウン』(1974年)や『大地震』(1974年)など様々な作品で活躍したスタントウーマン。当時のハリウッドで初めて黒人女性のスタントウーマンとしてキャリアを確立した女性として知られスタント業界における人種差別の撤廃などにも尽力した。
デヴン・マクネア
DEVEN MACNAIR
プロのソフトボール選手を目指すが、将来性を考えてスタントウーマンとしてのキャリアを模索。『グリーン・ランタン』(2011)『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(2014)など数々の大作映画で活躍した。また男性スタントマンが女性スタントマンに代わりカツラを被ってスタントする“Wigging”という行為は女性スタントマンの仕事を脅かす行為であると訴え、女性スタントの地位確保に尽力。
ハイディ・マニーメイカー
HEIDI MONEYMAKER
カルフォルニア大学で体操選手として活躍後、すぐにスタントウーマンとして頭角を現す。ドリュー・バリモア、エミリー・ブラウニングなどのスタントダブルを務めており、マーベル・シネマティック・ユニバース作品では、最新作『ブラック・ウィドウ』(2020)までスカーレット・ヨハンソンのスタントダブルで出演。「ジョン・ウィック」シリーズなど数々の大作アクション映画に出演。中国映画『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』(2017)には女優として出演。
レネー・マニーメイカー
RENAE MONEYMAKER
『キャプテン・マーベル』(2019)や『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)、『ハンガー・ゲーム』(2012)などに出演。ブリー・ラーソンが、『キャプテン・マーベル』でMTVムービー&TVアワードの「ベスト・ファイト」賞を受賞した際には作品に大きく貢献した存在としてブリー・ラーソンに最大級の賛辞を送られ、同じくスタントを務めたジョアンナ・ベネットと共に壇上に上がった。
ドナ・キーガン
DONNA KEEGAN
『トゥルーライズ』(1994)『スカーフェイス』(1983)などに出演。30年以上に渡りスタントウーマン、スタントコーディネーターとして活躍。ジェイミー・リー・カーティスやシャロン・ストーンなどこれまでに100人以上の女優のダブルを務めている。映画俳優組合の理事として撮影現場におけるスタントの安全確保のために尽力。
ミシェル・ジュビリー・ゴンザレス
MICHELLE JUBILEE GONZALEZ
スタントウーマン以外に監督やミュージシャンとしても活動。『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)などに出演。その身体能力を活かして映画以外にも、ビデオゲームなどでモーションキャプチャーパフォーマーとしても活躍。
シェリル・ルイス
CHERYL LEWIS
運動神経の良さを活かし、ダンサーをはじめサーカスの空中曲芸師としてアメリカをはじめ世界各国で活動。ダンス以外にもテコンドーやカンフー、剣道にも造詣が深く『ワンダーウーマン 1984』(2020)や『アイ・アム・レジェンド』(2007)などに出演している。
ジェニファー・カプート
JENNIFER CAPUTO
趣味でモトクロスのレースに参加するなど乗り物を使ったスタントを得意とするスタントウーマンで、テレビシリーズ「ファストレーン 」(2002~2003)で見せたスタントや、『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』(2003)でのインディカーでのスタントで脚光を浴びる。「アメイジング・スパイダーマン」シリーズではエマ・ストーンのスタントダブルを演じている。
ケリー・ロイシーン
KELLY RÓISÍN
ミュージカル俳優の家族に生まれ幼少期からミュージカルなどに出演。『ヴェノム』(2018)や「ウォーキング・デッド」(2010~)シリーズなどでスタントをこなす。
ハンナ・ベッツ
HANNAH BETTS
『ジュラシック・ワールド』(2015)や『キャプテン・マーベル』などに出演。元警察官のスタントウーマンで、世界的な大会での優勝経験もあるスカイダイビングチームに所属しており、それがきっかけで2010年からスタントウーマンとして活動を開始。
リー・ジン
LI JING
5歳から武術を習い始め中国の武術太極拳大会でチャンピオンに輝く。1998年に活動の拠点をアメリカに移し、ジャッキー・チェンやジェット・リーなどとも共演。『パシフィック・リム』(2013)や『ラッシュアワー3』(2007)などに出演。
タミー・ベアード
TAMMIE BAIRD
女優としてキャリアをスタートさせたが、『Mr.&Mrs.スミス』(2005)でスタントに挑戦したことをきっかけにスタントウーマンとして活動していくことを決意。カースタントやワイヤーアクション、格闘術など幅広いスタントに長けている。
ケイトリン・ブルック
KATELYN BROOKE
ボクシング、アーチェリー、フェンシングや馬術、銃器の取り扱いなどに長けたスタントウーマン。映画『TENET テネット』(2020)や人気テレビシリーズ「ウエストワールド」(2016~)などに出演。
ジェシー・グラフ
JESSIE GRAFF
スタントウーマンとして『ワンダーウーマン』(2017)や『アリータ:バトル・エンジェル』(2019)など様々な作品に出演している。またアメリカ版SASUKE「Ninja Warrior」シーズン8のラスベガス決勝に出演した際に女性で初めてステージ1を突破するなど並外れた身体能力を持っている。
メリッサ・スタッブス
MELISSA STUBBS
30年以上のキャリアを誇りスタントウーマンとしてだけでなくスタントコーディネーターとしても数多くの実績を誇り、スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカス、ジェームズ・キャメロンの作品にも参加している。長年の功績が認められ2007年にはスタントマンの女性として初めて映画芸術科学アカデミーの会員となった。
デビー・エヴァンス
DEBBIE EVANS
ハリウッドを代表する女性スタントウーマン。6歳からバイクに乗り始め9歳の頃には大会に出場。その後も競技レーサーとして活躍するがバイクを使ったハーフタイムショーに参加したことからエンターテイメント業界で働き始める。1978年に行われたスタントの技術を競う大会では男性参加者が大半の中、カースタント部門で1位、バイクスタント部門で2位に輝く。キャリアの中でも「ワイルド・スピード」シリーズではトラックの下を車が横切り大破するという、作品を代表するスタントに挑戦した。
ドナ・エヴァンス
DONNA EVANS
80年代から活躍しているスタントウーマンで、『トータル・リコール』(1990)など数々の大作映画に出演している。近年もNETFLIX映画『バード・ボックス』(2018)に出演するなど精力的に活躍している。
ラファイエ・ベイカー
LAFAYE BAKER
30年以上のキャリアを誇るベテランスタントウーマンで、これまでに100本以上の作品のクレジットされている。「アカデミー 栄光と悲劇」(1999)では、アフリカン・アメリカンの女性として初めて大型作品でスタントコーディネーターを務めたことで知られている。
アンジェラ・メリル
ANGELA MERYL
20年以上のキャリアを誇るベテランスタントウーマンで、代表作品の『キル・ビル』(2003)では優れたスタントパフォーマーを称えるTAUR US WORLD STUNT AWARDにノミネートされた。
ケイシャ・タッカー
KEISHA TUCKER
ボストンの大学で演技を学び、卒業後にロサンゼルスに移住し俳優としてのキャリアをスタートさせた。『ブラックパンサー』(2018)や『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』(2020)などの作品に出演。
マリッサ・ラボッグ
MARISSA LABOG
幼少期から体を動かすことが得意でダンスや体操、空手を習う。キャリア当初はダンサーとしてクリスティーナ・アギレラやLL COOL Jと共演し、NIKEやアップルなどの大手企業のCMに出演していた。活躍の場をテレビ・映画の世界に移してからは『LOGAN/ローガン』(2017)や『ジオストーム』(2017)などに出演。
ヴァイア・ザガナス
VAIA ZAGANAS
NETFLIX映画『ブライト』(2017)や『シャークネード』(2013)などの作品に出演しており、最新作の『Bliss(原題)』(2021)では、主演のサルマ・ハエックのスタントダブルを務めている。
キリアナ・スタントン
KIRIANA STANTON
ハリウッドで10年近いキャリアを持つスタントウーマン。『Neverknock(原題)』(2017)、『Spare Parts(原題)』(2020)などに出演。
ジェニファー・マイレーア
JENNIFER MYLREA
カナダ出身のスタントウーマンで『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(2011)や『ザ・プレデター』(2018)などに出演。
ゼンダラ・ケネディ
ZENDARA KENNEDY
カースタントを得意とするスタントウーマンで、『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)『デッドプール2』(2018)などに出演。
エイプリル・ライト
APRIL WRIGHT
トロマエンターテイメントの『パニック・ウォーター』(2006)で脚本家兼プロデューサーを務める。長編映画監督してのデビュー作品『Layover(原題)』(2009)ではハワイ国際映画祭でシルバーレイ・アワードを受賞。全米のドライブインシアターに着目したドキュメンタリー映画『Going Attractions: The Definitive Story of the Movie Palace (原題)』(2013年)では全米中のドライブインシアターを取材し、7年の歳月をかけて作品を撮りきった。
製作総指揮:ミシェル・ロドリゲス
Michelle Rodriguez
『ワイルド・スピード』(2001)で演じたレティ役で一躍脚光を浴びる。以降も世界的な大ヒットテレビシリーズ「LOST」(2004~2010)や『S.W.A.T.』(2003)、「バイオハザード」シリーズのレイン役など強い女性を演じることが多い。本作では出演だけでなくキャリアで初めて製作総指揮として作品に携わっている。
製作総指揮:
リンウッド・スピンクス
Lynwood Spinks
シルベスター・スタローン主演の『クリフハンガー』(1993)でコー・エグゼクティブ・プロデューサーを務め、以降もニコラス・ケイジ主演『ゴーストライダー』(2007)やジェニファー・ローレンス主演『パッセンジャー』(2016)などで製作総指揮を務め今なおハリウッドの最前線で活躍している。
プロデューサー:
ステファニー・オースティン
Stephanie Austin
ニューヨークのNEWLINE CINEMAでキャリアをスタートした後、拠点をロサンゼルスに移し精力的に活動。『トゥルーライズ』(1996)や『ロング・キス・グッドナイト』(1996)ではプロデューサーを務めている。また映画産業で働く女性たちを保護する団体Woman in Filmでは取締役会のメンバーとして女性たちの地位向上や権利保護に尽力。
プロデューサー:
マリオン・ローゼンバーグ
Marion Rosenberg
ジュディ・ガーランド主演映画『愛と歌の日々』(1962)やマーロン・ブランド主演『ミズーリ・ブレイク』(1976)などの制作に携わってきたベテランプロデューサー。ケヴィン・ベーコン主演でポール・バーホーベンが監督を務めた『インビジブル』(2000)や、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの再共演が話題となった『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(2008)では製作総指揮を務めている。